広瀬 徹雄・雄也(グリーンハウスSHONAN)



広瀬 徹雄・雄也(グリーンハウスSHONAN)

グリーンハウスSHONANでは、「水平放任栽培(ハイポニカ栽培)」という全国でも珍しい栽培方法でトマトを育てています。この栽培方法は全国で90軒、関東では私たちを含めて2軒しか行っていません。一般的には200本の苗を植える面積に1本の苗を育てます。交配はマルハナバチによる自然交配を行い、一本の木に5000~8000個のトマトが収穫できます。小ぶりで、通常よりもはるかに味の濃い、糖度の高いトマトが育ちます。その他に、そら豆や枝豆、カリフラワーや、芋類を育てて販売しています。

 

主な生産品
トマト(ももたろう、フルティカなど)、そら豆、枝豆、カリフラワー