川村 太郎



川村 太郎

自家製堆肥を多く使い、農薬をなるべく使わない農法で、ねぎ(通年)、大根(春)、枝豆などの野菜を作っています。 堆肥は競馬学校のサラブレッドの馬糞にもみ殻やヌカを混ぜ、半年発酵させて作ります。それを土に入れると土の地力が上がり、そこでじっくりと育った野菜は、栄養価が高く、味も濃い。ぜひ味わってみてください。

主な生産品
ねぎ、大根、枝豆